スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホースの種類

2015-02-11 Wed : 未分類 
先日、ハンドル交換でご紹介させていただきました、XL1200V(セブンティーツー)の
ホースが入ってきましたので、
ホースの種類のご紹介をさせていただきます。

ノーマルホースの画像は

DSC_1694_20150211162633e03.jpg
よくある黒っぽいホースです。

お次にCVO等に装着されているメッシュホース

DSC_1696_2015021116222894d.jpg
このホースに変えただけでもガラリと見た目の印象は変わります。

お次に、社外系ホース(アメリカ等の)に多いホースの上に被覆がないタイプ。

DSC_16961.jpg
見た目はカッコイイですが、やはり被覆がないので、経年劣化でメッシュ部分が危なくなっています。

最後にハーレー純正のダイヤモンドバックと言われるホース。

DSC_1695_20150211162227b62.jpg

上記のホースに比べ一目瞭然ですが、、一番白く綺麗です。
画像では見にくいですが、ホースの結合部分がメッキ加工がされており、より一層綺麗!。

余談にはなりますが、ハンドル交換した時に、ホースが届くからといって、ノーマルホースを無理やりつけたり、
ノーマルハンドルから短くなって、すごく余る状態のホースだったりをつけておりますと、
ハンドルを切った状態などの時に、ホースに無理がかかり、
たとえば、アクセルの戻りが悪くなったりと悪影響を起こすものもあります。

ちなみに・・・
ハンドル周りのホースとは・・・
・ブレーキホース
・アクセルワイヤー(車種、年式により、一本だったり、二本だったり)
・クラッチワイヤー及びクラッチホース

基本的には上記3点あります。

どのホースも重要な部品なので、交換したいな。って思わてている方はスタッフに相談してください。
ダイヤモンドバックのホースの現車が見れるかも・・・。




ブログご覧になられた方で、下の方の、拍手ボタン1[1]
もしくは、168010_193090634044057_3732054_n[1]Facebookをしている方でいいねボタンを押してくれると嬉しいです。
ブログの更新する気がUPしますw


ではでは。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村    ←ポチっとお願いします!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。